トップ

賃貸不動産の決済方法

賃貸不動産の決済方法は、通常の場合貸主側が契約書を作成して貸主側の記名押印をせずに借主に渡します。その後借主は自分の署名押印及び連帯保証人の署名押印を済ませて、必要書類と共に署名押印済みの契約書を仲介した業者のもとへ持参します。そして、契約に必要な金額を入金した際にATMから出力されるご利用明細など入金した旨の証拠となるものを提示します。その後書類関係をチェックして問題なければ、鍵の引渡になります。が、よくあるパターンが連帯保証人の印鑑証明が遅れるというケース。平日の日中に役所に行く必要があり往々にして遅れます。不動産契約の書類が遅れると結果として引渡も伸びますので時間のかかる書類は必ず事前に準備しておきましょう。

月極駐車場探しに役立つサイトはこちら。
こちらのサイトでは、ネットから、正確な位置情報や、空き情報が把握できます。友達に情報を教える便利な機能も。

反復継続する契約の特徴

賃貸不動産を借りると言うことは、賃貸借契約を締結するということです。この賃貸借契約は、反復継続する契約の典型的事例の1つでしょう。そして、このように賃貸不動産を借りた場合に、一回でも滞納があった場合に債務不履行があったとして即時に契約を解除できるか?この点判例は、3ヶ月程度の滞納がないと解約出来ないとしています。継続的な契約の場合、信頼関係が前提に構築されているため、契約を解除するにはこの信頼関係の破壊がなされたということが必要としています。そして、その信頼関係が破壊されたと言えるためには、1〜2ヶ月の滞納では足りず3ヶ月程度の不動産賃借金の滞納があって初めて信頼関係の破壊があったとしているのです。