トップ / 不動産の譲渡について

不動産会社の媒介契約について

不動産を売却する場合、仲介会社と売買契約を結ぶ事になります。この時1社だけと契約を行う場合は、専任媒介契約か、専属専任媒介契約のいずれかで契約を行う事になります。尚、複数の会社に買主を探して貰いたい場合は、一般媒介契約を結ぶ事で、複数の仲介会社に依頼する事が可能になります。どの契約方法で行うのかは売主の自由となりますが、一般的に一般媒介契約の場合は、複数の会社に依頼をしていますので、親身になって買主を探して貰えないと言うケースが多くありますので、多くの場合は、専任媒介契約や専属専任媒介契約で不動産の買主を探すケースが多いと言えます。

入居変更でも契約は継続するか?

賃貸不動産、とりわけ賃貸マンションで法人契約している場合に多いのですが、入居中の社員が退職し新たに入社した社員をそのまま入居させたいという要望があります。通常の賃貸不動産であれば、入居者が限定されています。当然、何の特約もなければ法人契約といえども入居者が限定されています。いわゆる入居者一代限りという条項です。もちろん、この入居者一代限りの条項を無力化して特約で入居者の入れ替わりを認めるとしていれば、社員の退職入社を機に入れ替わることは何ら問題はありません。要するに法人契約だからといって、当然に不動産の入居者の入れ替わりが認められるものではないということに留意しておくべきでしょう。