トップ / 不動産の相続税に関して

業者が嫌がる賃貸不動産の契約

不動産業者が嫌がる賃貸不動産の契約とはどのようなものがあるかでしょうか。1つは契約締結までの期間が極端に短いものです。俗に、急ぎのお客さんはロクなことがないと業界ではひとつの定説となっています。通常、賃貸借契約を締結する場合、物件の選定や必要書類の準備、加えて連帯保証人署名押印など時間のかかることが多いです。したがって、最低でも1週間程度は掛かります。それを例えば明日には入居したいとの要望も平然を言うお客さんは、何か事情を抱えているか常識がないかのいずれかです。そのようなお客さんを入居させると家主との関係を悪化させる恐れがあるので、業者は極檀に急ぎのお客さんを嫌がりますので、不動産賃貸を探すときは余裕をもって探しましょう。

遺産に対する相続税について

不動産を所有していた人が亡くなった場合には、それを相続することが必要となってきます。そのためには色々な手続きが必要となるのですが、最も大変なのが納税の手続きでしょう。遺産があれば相続税を支払わなければならない場合が多いのです。まず、控除の金額について把握しておくことが必要となってきます。法定相続人がいれば、その人数に1000万円を乗じて、さらに5000万円を加えた金額は控除される事になっています。ですから、あまり大きくない不動産であれば、相続税はかからないといえるでしょう。価値の高いものであれば相続税がかかる事もあります。